魔界ライブラリ紹介

TOP

ゲーム中で手に入る、魔界ライブラリの効果を紹介しています。

targetnear

書き込んだ相手が一番近い敵を攻撃する。Bキーを押して建造物サーチモードにし。廃棄車両に書き込むと 車が自動的に一番近い敵に突っ込んで行く

fire

敵の連射率を限界まで上げる。targetシリーズと併せて使う。
fireのみだとこちらを攻撃する連射率が最大になってしまうので注意

カオリ:敵を直接ぶっ殺すようなライブラリは無いの?
チドリ:そういうのは電脳カーネルの一般保護違反に抵触するから面倒くさいんだ。
    自分に危害を加えるようなコマンドは、自分の電脳が念入りにブロックしてくれる。
    後、量子悪魔はいつもお互い殺しあってるから、人間と戦ってる時に味方を撃ち始めても
    大して気にも止められないが、いきなり死なれると凄く目立つ。
カオリ:優先的に対応されるってことね。
チドリ:それに、直接的に相手を殺すんだったら銃とか剣とかの方が手っ取り早いからな。
    手を変え品を変え、搦め手で戦局をひっくり返すのが電子忍術使いのやり方だ。

targetothertype

書き込んだ相手とは違うタイプの敵を攻撃する。targetnearと比べて撃ち合いが広範囲になるが、 書き込むスピードが遅い。

targetaim

書き込んだ相手が、プレイヤーが照準を合わせた敵を攻撃する。便利だが書き込むスピードがとても遅い。

targetgunman/targettank/targetheli/targetrobot/targetsuper

書き込んだ相手がそれぞれ指定したタイプを攻撃する。近くにそのタイプの敵が居ないと無効になる。 融通が利かないが、書き込むスピードが凄く早いため、スロットに準備して使い分けることが重要。

targetstrong

書き込んだ相手が近くで最も多くサービスをインストールしている敵を攻撃する。

targetweak

書き込んだ相手が近くで一番インストールしているサービスが少ない敵を攻撃する。

escape

書き込んだ相手の士気を即座に0にし、戦場から逃げ出させる。近くで敵が逃げ出すと士気が下がる。 敵が離脱した場合でも、士気が0なら撃破数が増える。

empathy

escapeと同時に使うことで、逃げ出している時に近くにいる仲間の士気の下がり方が3倍になる。

チドリ:敵が同士討ちを始めて、最後に残った一体を仕留めるのは後味が悪いもんで、
    ある程度戦ったら士気が0になって逃げだすように調整したそうだ。
カオリ:逃げてもまた戻ってくるんじゃないの?
サイハ:まあ、落ち武者狩りを専門にしてるガンマンも居るからな。

panic

書き込んだ相手の攻撃の弾道が乱れる。近くに居る仲間も一定確率でパニック状態が伝染し、 全体の命中率が落ちていく。

contract

書き込んだ相手と契約を結び、Uキーで味方として召喚出来る
召喚にはインストールしているサービスの数に応じて金を消費する。

チドリ:強い敵が居たら契約して味方にしようという、まあその手の話だな。
カオリ:ちょっと、オリジナリティ的にどうかって気がするけど。
チドリ:仕方ないだろ。スト2が在るから格闘ゲームは作っちゃいけないってのか?
カオリ:まあ、私に言われてもねえ…。

mine

書き込んだオブジェクトに敵が近づくと爆発する

explode

書き込んだオブジェクトが即座に爆発する

wirebomb

マウスクリックすると書き込んだオブジェクトが爆発する

チドリ:オブジェクトの爆発は戦車砲の10倍位威力がある。必殺技的な感じだな。
カオリ:敵に書き込んでも爆発はしないんでしょ?
チドリ:不可能じゃないが、暗号地獄のrootに注目されたくないからな。

jacking

建造物サーチモードにして車に書き込むことで、車に乗って移動できる

カオリ:target系の関数は、どれも敵と廃棄車両両方に使えるのよね。
チドリ:多態性というやつだな。最初は敵の行動アルゴリズムを一つ一つ書いて行くようにしたそうだが、
    それだと何もせず突っ立っているというコマンドを書き込むのが一番手軽で効果的になってしまうんで、
    敵の方向性を捻じ曲げる様な形にしたんだと。
カオリ:どうでもいい所ばっかり労力使ってる気がするわね。