世界設定

TOP

電子忍術

人間が量子悪魔の力を逆流させて生み出した、電磁気学を使う戦術兵器とその使用法。
量子悪魔の電脳も含めたあらゆる電子機器に侵入する。

拳銃使い

梵字の刻まれた銃弾を込めた拳銃を下げ、量子悪魔と戦える力を持った者を拳銃使いと呼び、
何らかの二つ名を持っている。戦況に合わせて徹甲弾や銀の銃弾を使い分け、高い生存性を持っている。

量子悪魔

破壊をエネルギーとし、地球を巡りながら各地を破壊して廻る存在。人間の姿をした者も居るが、戦車や戦闘ヘリなど、人間の作り出した兵器の姿をしていることが多い。
人間の中には量子悪魔と契約し、服従している者も居る。

魔界ライブラリ

量子悪魔の力を逆利用して作られた、人間や量子悪魔の電脳や因果律を操ることの出来るコードの総称。量子悪魔同士の戦いでも武器として扱われ、恐れられている。

フチ社製PCデッキ

電子忍術使いが使用するPCデッキ。蛇腹のケーブルにクリーム色のボディで耐弾・耐爆・耐水の高信頼性マシン。

侵入ジグ

量子悪魔の防壁を破って侵入する為の信号発生装置。市販のwifiを違法改造して作られる。

サービス

量子悪魔がインストールし実行しているプログラム。デーモンとも言う。
暗号地獄最深部との直結により因果律や物理法則を捻じ曲げられ、
使用者に強大な力をもたらすが、絶えず解析が行われ、
発見された脆弱性により使用者のroot権限を取られる原因になることもある。
脆弱性を突ける程の人間がそう多くないため、アップデートを怠り脆弱性だらけの量子悪魔も多数存在する。

運送協会

量子悪魔の勢力が及ばない地域での人間の自治組織。トラックドライバーやフィクサーなどが所属し、
ライフラインの確保や生活物資の輸送などを行う。
陰謀により何度もブラックガンナーと抗争状態になり、互いに距離を置いた状態が続いている。

ブラックガンナー

量子悪魔の支配している地域での人間の抵抗組織。
電子忍術使いや拳銃使いが多数所属するが、活動資金の不足から外食チェーンの展開やスキルソフトの販売なども手掛ける。